ゆめみの制度紹介

野菜支給制度

atarimae_yasaiimg.jpg

ゆめみでは、毎月1回有機や無農薬などの新鮮な野菜を会社に送ってもらい、働くメンバーに手渡しをしています。エンジニアが多く、仕事に集中するあまり食事を簡単に済ませるメンバーに対して“健康への意識を少しでも高めてもらいたい”という想いからこの制度が立ち上げられました。野菜を現物支給することは、野菜摂取の意識やそれを通じて健康面も考えてもらいたいという会社からのメッセージです。」有機野菜や自然栽培の野菜を取り扱う「三茶ファーム」「ビビットガーデン」と提携し、厳選した旬の野菜セットや果物など、数種類から選択することが可能で、レシピに合わせたセットやそのまま食べられる野菜セットなど、メンバーのライフスタイルに合わせた野菜セットが支給されます。

野菜支給制度に込めた想いとして「おせっかい」というコンセプトがあります。中には野菜が嫌いな人もいると思いますし、他のメンバーの人にあげてしまったり、家に持参せずに腐らせてしまった人もいます。それでも渡すというのは「おせっかい」をコンセプトとしているからです。迷惑だなと思われても「おせっかい」で渡すわけです。私が「おせっかい」として重要だと思う点は、誰か自分の体のことを気遣ってくれる人がいるというメッセージがあるからです。その時点でメッセージに込めた想いが伝わらなくてもよいのです。むしろ、後になって気づいたときに、自分の体の事を気遣ってくれたことへの感謝の気持ちが湧き、その結果としては、自分で自分の体を気遣うことができるようになるのです。野菜支給制度は、野菜を支給することだけが目的ではなく、 「おせっかい」という行為を通じてメンバーへの気遣いをメッセージとして届けています。

勉強し放題制度

atarimae_04.jpg

ゆめみでは、「学ぶ」ことを全面的に奨励しており、社外研修費用予算を無制限とする制度があります。基本的に「学ぶ」ことは自主性ありきでなければ身につかないと考えており、そうした成長意欲と積極性を持った人材への投資は惜しみません。また、その場合「学んだ内容」「良かったor悪かった評価」を社内SNSでアウトプットすることが唯一の条件となります。

学んだ内容を自分の中で消化しアウトプットすることで学習効果が高まる効果もあります。「オンライン学習」「社会人ビジネススクール」など、この制度を活用して継続的に学習に取り組んでいるメンバーが増えていることは大変喜ばしいことです。自律の精神に基づいて、どんどん積極的に学んでもらいたいと思います。

ライフスタイルに合わせたワークスタイル

atarimae_02.jpg

ゆめみでは、できるだけワークスタイルを制限しないという考え方を持っています。
各自の希望と裁量により、状況やライフスタイルに応じて、コワーキングスペースでの業務やリモートワークなどにもフレキシブルに対応しています。実際に、フルリモートで業務を行っているメンバーもいます。

また、育児の都合でリモートワークを行うメンバー、海外で語学留学をしながらリモートで業務を行っていたメンバー、中には新婚旅行で1年間かけて世界一周の旅をしながら、リモートで仕事を請け負ったメンバーもいます。さらに、リモートワーク希望者には環境整備費を支給しています。長時間使用しても疲れにくいキーボードやマウスを購入したり、自分にあったデスク・チェアを購入したりとその用途は様々です。自宅に会社と同様の生産性が高い作業環境を構築することに対して投資をするという考えです。また、育児期間中においては短時間勤務でありながらフレックス勤務などが認められており、時間や場所に関わらずに柔軟に仕事ができる環境があります。

各自のライフスタイルに合わせたワークスタイルを認めることで、メンバーには、より高いパフォーマンスを発揮してもらいたいと思います。

bnr_w234.jpg kurumin.jpg子育てサポート企業に認定されました。

「10%ルール」と副業推奨・パラレルワーク承認

atarimae_01.jpg

ゆめみには「10%ルール」というものもあります。 これは、業務時間の10%(週4時間以内)であれば、どんなことでも自分の好きな研究に時間を費やすことができる制度です。また、ゆめみでは業務時間外の副業の推奨や、業務時間中のパラレルワークを承認しています。日々の業務の繰り返しに満足することなく広い視野で見聞や価値観を広げることで、開発・制作技術を身につける技術者、クリエイターとしてのスキルアップだけでなく、ビジネス視点での観点も持てるビジネスパーソンになってもらいたいと思います。

Pagetop