• NEW
  • SEMINAR

執行役員の染矢が「ネット&スマートフォン・コマース 2019」に登壇致します。

osaka.png

9月12日(木)に大阪で開催される「ネット&スマートフォン・コマース 2019」に執行役員の染矢幹基が登壇致します。

インターネット利用者の増加やITリテラシーの向上、ITの戦略的な利活用などが追い風となり、eコマース・eビジネス市場は更に拡大を続けております。フロントエンド分野においては、タブレット端末を含めたスマートフォンの普及に伴い、ソーシャルメディアの利活用に加えてO2Oからオムニチャネルへとの裾野が拡大する中で、今後は小売りIoT・ビックデータ・AI技術の利活用から新チャネルとしてのVRなど各種マーケティング・販促活動 の現状を共有しつつ、バックエンド分野では、多岐に渡るコンテンツ配信を支えるクラウドの活用、アクセス集中に伴う負荷分散、堅牢性を図る各種セキュリティ技術、在庫管理・物流システムなど消費者のニーズに的確に応える施策が求められております。
今後のeビジネス発展を支えるデジタルマーケティングの最新技術やトレンドを紹介し、新しいグローバル社会でのeビジネスのあり方を提唱するイベントです。

https://www.f2ff.jp/ns/2019/09/osaka/
皆様のご来場をお待ちしております。

<イベントの概要>
■開催日時■
9月12日(木)9:45~17:10(受付開始9:15〜)
※開催時間は予告なく変更となる場合があります。

■登壇者プロフィール■

someya_mini.jpg

染矢 幹基(そめや もとき)
〜自称日本初!「営業出身のHCD-Net認定人間中心設計スペシャリスト」〜
2015年5月に入社。
  • 執行役員(マーケティング 兼 リクルート ※関西)
  • サービス設計/制作案件 PM
  • サービス設計/制作案件 ディレクター
インタビュー記事:https://www.yumemi.co.jp/ja/member/m_


■登壇内容■
「最良な顧客体験をデザインするためのプロセスとは 」
近年では、製品開発においてHCD(人間中心設計)のプロセスが活用されるケースが増えており、デジタルメディア(Webサイトやアプリ)も例外ではありません。
しかし、まだまだユーザへサービスを提供していく企業がプロセス面での課題に陥っていることが多いと感じております。
また、「顧客体験」や「UX」がプロジェクトで飛び交うようになりましたが、実態は「ないがしろ」になりがちです。
なぜか?それは「プロセスが明確に理解できていないから」と考えております。
本講演では、こうした課題に対して問題提起した上で、事例を交えながら具体的なプロセスの推奨を行い、「ユーザと企業が得る価値は何か」をお伝え致します。

▼登壇場所/時間はこちら
Room B / 14:50-15:30

■開催場所■
ナレッジキャピタル カンファレンスルーム(グランフロント大阪タワーC 8F)
〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町3-1

■参加者数(予定)■
2,200名
※当社が登壇するセッションは70席。

■参加費■
無料(事前登録制)

■申し込みページ■
https://www.f2ff.jp/ns/2019/09/osaka/

Pagetop