• NEW
  • MEDIA

リードエンジニアの桑原がレビュアーとして参加した『Ionicで作る モバイルアプリ制作入門[Angular版]』発売中

シーアンドアール研究所より出版された榊原 昌彦 著『Ionicで作る モバイルアプリ制作入門[Angular版]』に、フロントエンドのリードエンジニアである桑原がレビュアーとして参加致しました。
榊原氏が執筆された「Ionicで作る モバイルアプリ制作入門」は今回で第2弾となり、2018年度に発売された『Ionicで作る モバイルアプリ制作入門〈Web/iPhone/Android対応〉』にも、桑原はレビュアーとして参加致しました。

ionic_img_R.jpg

<本書の魅力>
Ionicを使うと今のWebスキルをベースにして「自分の収益アプリ」をアプリストアでリリースできます。本書はいわゆる「技術書」で、Ionic Frameworkを中心に解説していますが、Webスキルを使った受託以外の稼ぎ方の入り口にもなることが魅力のひとつです。
また、SPAを作ったことのないWeb制作者を読者に想定して書いていますので、SPAやJAMStack、SaaSなどのイマドキな技術のキャッチアップにもご利用いただけます。

<前書との違い>
Ionicのバージョンがあがったこと、モバイルアプリのビルドにCapacitorという2019年に出たライブラリを採用したことが一番大きな違いとなります。また、「本気でつくるチャットアプリ」というチュートリアルを新たに増やし、Firebaseと連携してより実践的で案件にそのまま投下できるような書籍となりました。


【書籍情報】
■書籍名
Ionicで作る モバイルアプリ制作入門[Angular版]
榊原 昌彦 (著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4863542925/

■書籍情報
単行本 : 304ページ
出版社: シーアンドアール研究所 (2019/11/27)
言語: 日本語

※1:Ionic Japan User Group
https://ionic-jp.connpass.com/

■桑原聖仁 プロフィール

kuwahara.jpg

桑原 聖仁(くわはら きよひと)
1987年, 岡山生まれ。
東京の大学院修士課程修了後、システム開発会社に新卒で入社。以降、ECサイト新規構築・保守、フロントエンドエンジニアの経験を積み、現在、株式会社ゆめみに在籍。Node.jsでAPIの開発などをしつつ、多くのエンジニア勉強会で登壇。Ionic Japan User Group スタッフ、DIST スタッフ、Riot.js コアコミッターなど。

Pagetop