• NEW
  • SEMINAR

エンジニアのキリルが「FRONTEND CONFERENCE 2019」に登壇致します

frontendconference2019ogp.jpg

11月2日(土)に大阪で開催される、年に1度の大規模カンファレンス「FRONTEND CONFERENCE 2019」にキリルが登壇します。
Web制作に関する関西最大級のコミュニティイベントとして2016年から開催しているもので、今回が4回目の開催になります。参加者の職種はエンジニア・デザイナーを中心にディレクターやWeb運用の方など様々で、年齢層も学生を含む様々な方にご来場頂いているイベントです。

■当日のコンテンツ■
【技術セミナー/セッション】
Webフロント制作にまつわるテーマでセッション・セミナー企画を実施。
例年通り、デザイナー・エンジニア・ディレクターなどWeb制作に携わる全ての方が満足できるよう、セッションコンテンツの幅の拡充に注力しつつ、今年は各種コミュニティとの協賛で専門性の高いコンテンツを増強する予定です。

【ブースエリア/カンファレンス】
昨年好評だったブース企画を実施し、スポンサー企業やコミュニティとの参加者の交流の場を設けます。また、ブースフロアではアンカンファレンス形式での登壇ブースを用意。フロア全体で多様なコミュニケーションが生まれるよう、セッションエリアとは異なる雰囲気作りを考慮しています。

【懇親会】
毎年、イベント本編の締めとして、食事会形式での懇親会を開催。
登壇者やスポンサー、各種参加者などで飲食を伴って交流が行えるようになっており、名刺交換や商談など様々な目的でご活用できます。

皆様のご来場をお待ちしております。
https://2019.kfug.jp

<登壇のご案内>
■開催日■
11月2日(土)

■登壇者プロフィール■

R.jpg

■登壇者プロフィール■
キリル ワシルツォフ

京都大学大学院への入学のために、ロシアから京都に移住。2018年からゆめみでインターンをはじめ、2019年の卒業後にそのまま入社。業務では、フロントエンド開発を中心に活躍。

■登壇内容■
「2019年のUIパフォーマンス」
ネットワークの通信速度や端末とブラウザーの性能が上がっていく一方で、WEBアプリケーションに求められることも多くなってきています。世界中のユーザーに、快適にサービスを使ってもらうために必要な工夫はどんなものか、そういった工夫がビジネスにどんな効果をもたらすのか、について説明します。
また、「フロントエンドエンジニア」の定義が曖昧な中で、パフォーマンスは一体誰の担当領域なのか、なども見解をお伝え致します。

■開催場所■
ナレッジキャピタル カンファレンスルーム (グランフロント大阪 タワーB)
〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町3-1

■参加者数(予定)■
300名以上

■参加費■
本編¥1,000/懇親会¥4,000
※昨年の実績 
本年度の参加費は未定

■申し込みページ■
https://2019.kfug.jp

Pagetop