• NEWS

弊社メンバー仲川樽八が執筆した『【Amazon Web Services負荷試験入門】―クラウドの性能の引き出し方がわかる』が9/23に発売開始

技術評論社より、弊社メンバーの仲川樽八が執筆した『【Amazon Web Services負荷試験入門】―クラウドの性能の引き出し方がわかる』が9月23日(土)より発売開始されます。

これまで仲川は、技術評論社の『Software Design』で負荷試験についての連載や特集記事の執筆をして参りましたが、この度、クラウド (AWS※)上での安定したシステムの構築を負荷試験を通じて実現する為の本を、株式会社Sprocketメンバーの森下健氏(元ゆめみCTO)と共著にて出版する事となりました。

森下氏と仲川は、創業当初よりゆめみに参画し、大規模開発案件の中心メンバーとして数多くの開発を担当して参りました。オンプレミス時代から現在のクラウド時代への移行を経て、両者が経験した失敗事例や成功事例など多くのノウハウが、この1冊にまとめられています。

仲川は、実際にシステムを構築するエンジニアの方々はもちろん、プロジェクトマネージャーや、システムの構築を依頼する側の立場の皆さまにもぜひ読んで欲しいとしております。

小規模から大規模開発まで、既にAWS環境での開発を実施している方も、AWSを使ったことがない方でも、学びとなる事例や手法などが満載ですので、ぜひご活用いただければと思います。


b5a2ba954fd6b5305dda97182c1fa13b.jpg


■書籍名

【Amazon Web Services負荷試験入門】―クラウドの性能の引き出し方がわかるhttp://gihyo.jp/book/2017/978-4-7741-9262-8

https://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4774192627/gihyojp-22


■書籍概要

  • クラウド(Amazon Web Services※)を利用したアプリケーションの設計手法の解説
  • 負荷試験を行うための基本的な考え方やツールの使い方を解説。
  • 効率的な負荷試験の進め方の解説
  • 負荷試験を通じて見えてきたシステムのトラブルシューティング
  • 実際にクラウド上に構築したシステムに対して負荷試験を実施してレポートを作成するまでのケーススタディ


■書籍情報

大型本: 368ページ

出版社: 技術評論社 (2017/9/23)

言語: 日本語

発売日: 2017/9/23

価格:3,800円 (税込:4,104円)

※ Amazon Web ServicesおよびAWSは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。


■著者プロフィール
―――――――――――――――――
仲川樽八(なかがわたるはち)

1975年,広島県生まれ。広島学院中学校・高等学校卒,京都大学情報学部中退。
共著の森下氏が大学院まで通ったのと同じ6年間を学部生として過ごしたのち,森下氏を含めた同期の学生がITベンチャー企業として立ち上げた株式会社ゆめみに拾われて入社。その後,17年間ずっとWebシステムの開発を続ける。現在は直接自分が開発に携わったシステムにとどまらず,会社内の複数の開発案件に関して横断的に設計レビューから負荷試験の実施まで担当している。大学を中退,電気街でパーツを購入してサーバを構築してサービスを開始,鳴り止まないアラートと苦情への対応のため会社に泊まり込み続き……という時代には想像ができなかったが,いつしか会社の成長とともに結婚して4人の娘の父親となることができた。安定したシステムの構築がエンジニアを幸せにしてくれることを身をもって実感する1人。最近の関心事は,エンジニア35歳限界説に対する反例を作るために筋トレを続けること。


―――――――――――――――――
森下健(もりしたけん)

1976年,福岡県生まれ。東京都立西高校,京都大学大学院情報学研究科卒。
2001年に大学院卒業後,株式会社ゆめみに創業時メンバーとして参加し,黎明期の携帯デバイス向けECサービス等の開発に従事する。その後,世間の流れに従い,スマートフォン向けサービスやアプリ開発,機械学習を活用したサービス開発などに携わる。
休日はゲームや酒のツマミを作ることが一番の楽しみ。子どもの頃からの夢としてテーブルトークRPGのゲームマスターをコンピュータにさせたいと思っており,近年のAIブームの勢いでぜひ実現してほしいと願っている。

Pagetop